■ 日本名門酒会メニュー
 

頒布会

2014秋の頒布会

日本名門酒会 2014秋の頒布会 厳選!! 純米酒頒布会

内容&お申し込みのご案内

今年10月から来年3月までの6ヶ月間、毎月2銘柄ずつ
各蔵元の個性豊かな純米酒をお届けします。
1.8Lコースは一口5,300円(税込5,724)×6回
720mlコースは一口2,650円(税込2,862円)×6回
各コース口数限定。お申し込み〆切りは2014年9月28日(日)。
お近くの日本名門酒会加盟の酒販店までお早めに!

◆この秋のテーマ◆

この秋の頒布会は、瓶貯蔵酒や生貯蔵酒など、フレッシュな香味を大切にした1回火入れの純米酒をお届けします。登場するのは、品質管理委員会や季節酒の人気投票で評価の高いお酒や、今後要注目の蔵元のお酒など、日本名門酒会が自信を持って厳選した12銘柄。すべて市販されていない頒布会オリジナル酒です。この秋10月から来年3月までの6ヵ月間、毎月2銘柄をお届けしていきます。

お酒のフレッシュな香味を損なわない一度火入れ ▼

火入れの意味

一般的な日本酒は、60度以上に加熱する「火入れ(加熱殺菌)」を出荷するまでに2回行います。搾ったばかりの新酒には、わずかながら酵母などの微生物や米麹から溶け出た酵素が残っているため、そのままでは品質が悪くなる恐れがあるからです。そこで、新酒を熟成させる前に、一度目の火入れを行いタンクに密封貯蔵し、出荷に際してタンクから瓶に移し替えるときに、二度目の火入れを行います。

品質を安定させるための先人の知恵の結晶ですが、しかし、この2回の火入れは、香りの成分が揮散するなど、酸化による風味の劣化も招きます。特に大容量のタンクに貯蔵した場合、60℃以上の日本酒が冷めるには何日間もかかるため、その間に急速に酸化が進み、せっかくの風味が劣化してしまいます。

一回火入れでフレッシュな風味を維持

今回お届けするお酒は、この火入れを一回だけにして、可能な限りフレッシュな風味を維持しつつ品質の安定性も確保しました。具体的には、瓶貯蔵と生貯蔵でこれを実現しています。

瓶貯蔵 火入れした新酒をタンクに入れずに、そのまま瓶に詰め、出荷まで瓶ごと冷蔵庫で貯蔵します。瓶貯蔵なら短時間で冷ますことができるため、タンク貯蔵に比べて酸化も進みません。ただし巨大な冷蔵庫が必要になるため、大吟醸などの高級酒でのみ行われるのが一般的です。

生貯蔵 新酒を生酒のまま氷点下で貯蔵しておき、出荷の際の瓶詰め時にだけ火入れを行います。この場合も、冷蔵庫のような機能を持った特殊なタンクが必要になるため、一部の商品でしか行われていません。

香りよく軽やかでクリアな味わいを

頒布酒12銘柄のうち11銘柄が瓶貯蔵で、1銘柄が生貯蔵。瓶貯蔵や生貯蔵によるお酒は、香りがよく、味わいも軽やかでクリア。通常の定番酒とはひと味もふた味も違った香味をお楽しみいただけると思います。

*1回火入れの日本酒の場合、うっすらと濁ったように見えることや、瓶の底に埃のような沈殿物が発生することがありますが、これは麹由来の糖化酵素の一部が熱変性したもので、品質や香味に影響はありませんので、ご安心ください。酵素自体がタンパク質であるため、生卵に熱を加えると透明な白身が白く変わることと同じ現象です。

熟成酒と新酒で季節の移り変わりを愉しむ ▼

冬に仕込まれ、1年をかけて熟成を深める日本酒には、春夏秋冬それぞれに楽しめる味わいがあります。秋口には平成25BY製成の熟成したお酒を、11〜12月からはこの秋に収穫した新米で醸す平成26BY製成の新酒をお届けします。秋から早春にかけて季節とともに移ろう日本酒の味わいを、旬の料理と一緒にお楽しみください。

フレッシュさを大切にしたお酒ゆえ、なかにはまだ少し若いと感じるお酒もあるかもしれません。もし少し粗いと感じられたら、冷蔵庫や涼しい場所に数日おいてから召し上がれば、円やかになります。

要注目の12銘柄を厳選、「酒談義」とともにお届け ▼

今回お届けするのは、流通途上のお酒の品質をチェックする日本名門酒会「品質管理委員会」で高評価を得たお酒や、季節酒で人気上位にランクインしているお酒、蔵の設備を更新したり気鋭の若手杜氏に代替わりするなど、これからがますます楽しみな蔵元のお酒など、選りすぐりの12銘柄。すべていつもの定番酒とは違った頒布会用に造られたオリジナル酒です。

また、お酒と一緒に蔵元にまつわる物語を記した「酒談義」をお届けしますので、地域文化や酒質の特徴など、そのお酒の美味しさが生み出された背景も味わいながらお楽しみください。

大吟醸プレゼント ▼

毎回、ご好評をいただいている「大吟醸プレゼント」を今回も行います。期間中に2回、12月と3月に「審査票」を頒布酒と一緒にお届けしますので、お気に召したお酒をご記入いただき、日本名門酒会本部まで郵送ください。審査にご協力いただいたお客様の中から抽選で、10名様に大吟醸をプレゼントします。

◆期間・内容・価格◆

◆期間

2014年10月〜2015年3月の6ヶ月

◆内容・価格

1.8Lコース1.8L×各月2銘柄(計12銘柄)

一口:本体価格 5,300円(税込5,724)×6回

限定:2,100口

720mlコース720ml×各月2銘柄(計12銘柄)

一口:本体価格 2,650円(税込2,862円)×6回

限定:2,900口

各月の商品について詳しくは頒布酒紹介をご覧ください。

◆お申し込み方法◆

◆お申し込み受け付け〆切り:

2014年9月28日(日)

◆お申し込み方法:

お近くの日本名門酒会加盟の酒販店までお申し込みください。

◆お支払い&お届け方法:

お申し込みになった日本名門酒会加盟の酒販店にご相談ください。

パンフレットのダウンロードはこちらから(PDF・約8.7MB)

*上のリンクをクリックするとダウンロードが始まります

*1ページ目にお申し込み書がついています。必要事項を記入し、頒布会を受け付けているお近くの加盟店までお持ちください。

お申し込み書部分のみのダウンロードはこちらから(PDF・389KB)

頒布会についてのお問い合わせはこちらから

*お申し込みの期間内でも限定数に達し次第、締め切らせていただきます。

*中途でのご解約は申し受けかねますのでご了承ください。

*頒布酒の出荷日は毎月中旬以降になります。

*都合により商品のデザイン等が一部変更になる場合がありますので、ご了承ください。

*事故など不測の事態が起こった場合、お届けが多少遅れる場合がございます。


2014秋の頒布会:◆内容&お申込案内◆ ◆頒布酒紹介

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る