■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

2019.06

プロが選んだ鰻に合う酒2019

うなぎに合う酒2019 ベスト3

うなぎの蒲焼きに合うお酒を
お酒のプロの方々に審査いただきました。今年のベスト3はこちら!

*価格は東京標準の参考価格です(2019年6月1日現在)。
地域、配送方法により異なる場合があります。
*商品のお求めは日本名門酒会加盟の酒販店まで。

審査風景

試飲風景1 試飲風景2

2006年にスタートし今年で14回目を迎えた「鰻に合う酒」審査会。今回は日本名門酒会本部が選び抜いた日本酒9アイテムと、過去11年連続で1位の評価を得て殿堂入りした「西の関」を合わせた計10アイテムの、うなぎの蒲焼きとのマッチングを審査していきました。

合わせたのは日本橋小伝馬町にある明治2年創業の老舗「鰻料理 近三(きんさん)」のうなぎの蒲焼き。これを常温のお酒と合わせ、ブラインドでテイスティングしました。山椒の使用はお好みで。

審査員には日本名門酒会の加盟店である(株)ウチヤマ酒店(神奈川県)の内山良亮さんと(株)朝日山千葉悦三商店(埼玉)の千葉崇正さん、日本酒とうなぎに造詣の深い漫画家のラズウェル細木さんをお迎えし、これに本部スタッフを加えた計10名で実施。

「日本酒と食の相性が良いと、ついついもう一杯もう一口と進んでしまう相乗効果があることを改めて実感」「人によって感想が異なるという面白さも」「鰻と合わせることを考えると酒は甘辛のバランスが大事なのかなと感じました。鰻もタレの甘さと辛さのバランスの良いものが日本酒との相性も良いように感じます」との声があがるなど、実際に試して改めてわかる面白さがあります。上位3位に輝いた結果をここにご紹介しますので、その美味しさと楽しさを、皆様もぜひお楽しみください。


プロが選んだうなぎに合う酒2019 ベスト3 !

第1位

春鹿「さくら純米」 純米[奈良]

鰻と合わせることで酒の良さも引き立つ好相性!


リーズナブルに美味しい「ウチ飲み純米酒」で人気の、奈良の濃醇旨口純米酒。旨口四段仕込製法にて仕込まれたお酒の優しい旨味・甘味が、鰻の旨味とみごとに調和し、お互いを引き立て合います。

【試飲コメント】

  • 鰻と酒に共通の旨味が感じられ、お互いがやわらかく調和し、旨味がさらに引き立つ。
  • 鰻と合わせることで鰻の余韻がキレイに続き、鰻と合わせることで酒の良さも引き立つ。
  • 酒のボリューム感が鰻のふくよかさを倍増させ、酒の甘みとタレの相性も良い。
  • 鰻と合わせることで甘み旨味ともにふくらみ、旨味が増幅される。
  • ほんのり優しい酒の甘みが鰻の旨味と調和し、キレも良い。

第2位

はぎの露「生酛純米原酒」 生酛純米原酒[滋賀]

酒のボリューム感と鰻の旨味がみごと調和!


冷やでも燗でもいける、生酛づくりの純米原酒。口当たり柔らかでキレよく、酸味のあるトロミたっぷりの旨味とコクある香ばしいジューシーさ、存在感のある濃醇な味わいが魅力です。食中酒としての実力をうなぎの蒲焼き相手に見事に発揮!

【試飲コメント】

  • 濃醇で甘やかでボリューム感のある酒に、鰻を合わせることでジューシーな味わいすら感じる。
  • タレのコクと鰻の焼き目の香ばしい香りに酒の味わいと旨味がよく合う。
  • 酒の甘みとボリューム感がマッチし、鰻重を食べているかのよう。

第3位

賀茂泉「純米吟醸 朱泉 本仕込」 純米吟醸[広島]

鰻の旨味をまろやかに包み込み、酸が脂を流す


酒都・広島西条の蔵元の、純米吟醸酒。炭素濾過をしていないためうっすら黄金色をしています。ふくよかな旨味とコク、爽やかなキレが魅力で、冷やでよし、ぬる燗にしても美味し。熟成感のあるやわらかな酒質が、鰻のボリューム感とマッチします。

【試飲コメント】

  • お酒が優しく鰻を包み込み、まろやかでやわらかなハーモニーを見事に奏でる。
  • 鰻のやわらかな味わいが引き立ち、ボリューム感も良い。
  • キリリとした酒の酸味が鰻の香ばしさを引き立て、鰻の力強い旨味を酸がキレイに流す。

第3位

香露「特別純米酒」 特別純米[熊本]

鰻の美味しさがさらに引き出されるマッチング


吟醸造りを牽引してきた9号酵母発祥蔵の、厚みがあり豊かな味わいの特別純米酒。甘味・旨味がしっかりある味わいながら、ほどよい酸味があり、後切れキレよく、ぬる燗にしても楽しめます。旨味・酸味のバランスの良い味わいが、鰻の蒲焼きの美味しさをトータルに引き出してくれます。

【試飲コメント】

  • 鰻の脂や皮目の焦げなど、鰻全体の旨味がうまく引き出される。
  • 酒の酸味で後味もキレイで伸びやか。鰻の繊細な部分が良く出る相性。
  • 酒が鰻を包む感じで、鰻の旨味のボリューム感をアップさせるマリアージュ。


殿堂入り

西の関「手づくり純米酒」特別純米[大分]

11年連続NO.1! 2017年から殿堂入り
鰻との相性の良さで不動の一位に輝き続けた銘酒


「鰻に合う酒」審査の初回から鰻との相性の良さで不動の一位に輝く「西の関 手づくり純米酒」は、2017年から「うなぎに合う酒」の殿堂入りとなりました。とろけるような上質の甘やかさと旨味、柔らかな酸のバランスが絶妙で、冷やでもお燗でもいけるお酒です。うなぎの美味しさを引き立て、さらにお酒も美味しくなる、双方がぴたりと一体化するような相性の良さをぜひご堪能ください。

【試飲コメント】

  • 鰻が数倍美味しく感じられる最高の相性。酒の味わいに鰻とタレが絶妙にマッチする。
  • 鰻の旨味と酒のやわらかな旨味が同調。山椒とのマリアージュと相まって最高の相性。
  • 鰻の繊細な旨味が同調し融合する相性。
  • タレの甘さ、鰻の旨味が酒にうまく包みこまれる。
  • 鰻の味わいがより雄大になる。

うなぎに合う酒ベスト3セット
日本名門酒会オリジナル「うな酒 3撰」

今年のうなぎに合う酒3銘柄、西の関「手づくり純米酒」、春鹿「さくら純米」、はぎの露「生酛純米」の180mlミニボトルをセットに。最高の相性を示した三種のお酒それぞれの、うなぎを合わせたときの抜群の相性や、飲み比べてわかる味わいの違いの面白さを、お楽しみいただけます。トライアル・セットとしてもどうぞ。

*出荷開始:7月2日
*限定100セット、しおり付き

参考本体価格(税込8%)
180ml×3・1,100円(税込1,188円)


うなぎをさらに美味しくする名脇役

標高 800mの限られた土地で栽培される山椒の驚くほど鮮烈な香味
飛騨山椒「山椒粉」


今回の試飲時にうなぎに合わせた山椒粉がこちら。奥飛騨の標高800mの"高原川流域5km範囲"という極限られた土地でのみ栽培される「飛騨・高原山椒」から作られ、驚くほどの鮮烈な香りと爽やかな辛さを持ちます。この地の山椒のみが持つ強い香りは珍重され、江戸時代には徳川将軍家にも献上されていた記録も残る、いわばプレミアム山椒。フローラル系の上品な香りもあり、鮮烈な辛味と少し遅れてピリピリする痺れがきて、後味は驚くほど爽快。この「香り・辛さ・痺れ」が損なわれぬよう、こだわりの製法で仕上げました。収穫から1年経っても魅力的な香りが衰えないと、鰻の名店や老舗料亭でも人気を博しています。

参考本体価格(税込8%)
10g・700円(税込756円)


*山椒に含まれる刺激物質「サンショオール」は、舌を痺れさせると同時に、味覚を鋭敏にしてくれる効果もあるとか。山椒の刺激により旨味・甘味・塩味をより強く感じることができ、うなぎや日本酒の味わいのボリュームが増します。

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る