■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

2021年2月3日 立春朝搾り

令和三年辛丑二月三日 立春朝搾り

春を迎える祝い酒

年明け2月3日(水)は立春の日。
春の始まりを寿ぐめでたきこの日、
朝に搾り上がったばかりのお酒を
その日のうちにお手元にお届けする〈立春朝搾り〉。
生まれたての新酒で、生まれたての春を祝いましょう。

*予約販売制:お近くの加盟店まで 事前にご予約を。
*予約〆切:2021年1月25日(月)


立春の未明に搾りあがったお酒をその日のうちに楽しめる〈立春朝搾り〉。酒屋さんが地域の蔵元まで足を運び、神主さんのお祓いを受けたしぼりたてのお酒をお届けします。厳しい冬を越えて新しい春が始まるこの日に、なかなか会えない人との絆を結び直し、再び和気藹々と集う日を願い、縁起のよい限定酒をお楽しみください。

2021年の〈立春朝搾り〉参加蔵元は44蔵。〈立春朝搾り〉は各蔵元の近郊にある日本名門酒会加盟の酒販店でしか買えません。お近くで入手可能な銘柄や、銘柄ごとの「買える店」のチェックもこちらから。

紹介動画:「立春朝搾り」はこんなお酒 Part2

「立春朝搾り」が縁起酒と言われる理由

紹介動画:「立春朝搾り」はこんなお酒 Part1

「立春朝搾り」が "杜氏泣かせ" と言われるわけは

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る