■ 日本名門酒会メニュー
 

◆2016年秋 ひやおろし◆ GOZENSHU HIYAOROSHI

ごぜんしゅ『「ないん」ひやおろし ぶらっくぼとる』【岡山・真庭】

御前酒『「9 NINE」ひやおろし ブラックボトル』 菩提モト純米・生詰

1800ml 500ml

冷やしてすっきり、ぬるめの燗で奥深い、菩提モト仕込みの純米ひやおろし

御前酒蔵元ならではの菩提モト仕込みの純米ひやおろし。地元岡山県産《雄町》を100%使用し、天然の乳酸菌を取り込む蔵元独自の菩提モトで醸されました。米の旨味、複雑な味わいがありながら、後口はすっきりとキレもよし。冷やすとすっきり、ぬるめの燗にして奥深い味が出てきます。

*9月6日蔵元出荷

ひやおろし
(株)辻本店

参考本体価格(8%税込) 1.8L・2,600円(税込2,808円)  500ml・900円(税込972円)

-------- お酒Data --------

【造り】菩提モト純米・生詰
【原料米】岡山県産《雄町》
【精米歩合】麹米65%・掛米65%
【酵母】きょうかい9号
【アルコール度】15.0〜15.9
【日本酒度】+4
【酸度】1.9
【アミノ酸度】1.2

-------- 補足 --------

菩提モト:「菩提モト」は今の山廃モトのルーツともいわれ、南北朝〜室町時代初期頃に奈良の寺院で考案された酒造りの方法です。「菩提泉」と呼ばれて人気を博したとか。往事のそれは、炊いた米を水に漬けて自然に乳酸菌が繁殖するのを待つ、という方法。御前酒蔵元では、袋に入れた麹を水に漬けて約3週間待ち、乳酸菌が繁殖したこの水で酒母を造る独自の方法で醸しています。

味わいコメント

16年

15年

フルーティで熟成感のある香り。

菩提もとらしいボリューム感のある旨みを、繊細な酸が輪郭を描く。

08年味わいコメント

フルーティで熟成感のある香り。

菩提モトらしいボリューム感のある旨みを、繊細な酸が輪郭を描く。

絹のような滑らかな味わい。

このフルーティさ、爽やかな甘みはウケる!

デザインも良く、口当たり優しく後からじわじわと旨みを感じる。

*商品の価格は東京標準の参考価格です(2016年8月現在)。
地域、配送方法によって異なる場合があります。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る