■ 日本名門酒会メニュー
被災地支援 : 東北地方太平洋沖地震義援金のご報告と御礼
投稿日時: 2011-06-13 16:25:27 (2603 ヒット)

東北地方太平洋沖地震 義援金
ご報告と御礼

東日本大地震で被災した日本名門酒会参加蔵元と加盟店の復興支援を目的として、皆様からお寄せいただいた義援金についてご報告申し上げます。4月20日までに1,270万円の寄付をいただき、これを5月末から6月にかけて、大きな被害を受けられた45社(店)に届けさせていただきました。

ご報告と御礼



東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、義援金の呼びかけに、日本名門酒会の組織内はもちろん、多くの皆様より善意のご寄付を賜りましたことに、謹んで感謝と御礼を申し上げます。

被災地の被災状況が明らかになるごとに、その悲惨さに心が痛みました。多くの蔵元が浸水や崩落など被害を受けられたことは、こちらでご報告申し上げているほか、報道等でもご存じのことと思います。加盟酒販店の中には、経営者やご家族のご逝去、さらに店舗の流失・全壊という甚大な被害を受けられたところもあり、自然災害の恐ろしさとぶつけどころのない憤りを覚えます。さらに福島原発事故では、いつ戻れるか分からない避難生活を強いられている方もいらっしゃいます。そして、被災者の立場でありながら、加盟酒販店の安否と被災状況を確認し、励まし続けた支部長会社の、懸命な活動もあわせてご報告させていただきます。

全国から寄せられた温かな義援金1,270万円は、被害度合いを勘案し、45社(店)に絞り配分させていただき、5月末から6月初旬にかけてお届けさせていただきました。義援金を受け取られた被災地の皆様から、心からの御礼と感謝の言葉をいただいております。

皆様の善意は間違いなく、復興への一助となり、気持ちの拠りどころとして喜んでいただけましたことを、ここにご報告申し上げます。そして改めまして、格別のご寄付を頂戴した皆様に心より感謝を申し上げ、御礼とさせていただきます。

日本名門酒会 本部長 飯田永介

2011年6月13日 日本名門酒会本部


印刷用ページ このニュースを友達に送る