■ 日本名門酒会メニュー
Topic : 一ノ蔵蔵元、「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」2019年分売上金を寄附
投稿日時: 2019-05-24 06:11:01 (234 ヒット)

一ノ蔵蔵元、「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」
2019年分売上金を寄附

ラベル画像

東日本大震災で被災した子供たちを支援する一ノ蔵の「特別純米原酒 3.11未来へつなぐバトン」の売上金2019年分が(株)一ノ蔵より「ハタチ基金」に贈呈されましたので、ご報告申し上げます。


総額628万8,840円を「ハタチ基金」へ



総額628万8,840円を「ハタチ基金」へ

東日本大震災復興支援として「未来へつなぐバトン 醸造発酵で子供たちを救おうプロジェクト」を展開している一ノ蔵蔵元。こちらでご紹介した一ノ蔵「特別純米原酒3.11未来へつなぐバトン」の2019年分の売上金が、5月に蔵元より「ハタチ基金(*1)」へ寄附されました。

2019年寄附金額:628万8,840円
*プロジェクト開始時から2019年までの寄付累計金額:53,284,807円


(写真左)公益社団法人ハタチ基金職員・芳岡千裕さん
(写真中)認定NPO法人カタリバ/女川向学館スタッフ(インターン生)・藤沢慶子さん
(写真右)株式会社一ノ蔵 代表取締役社長・鈴木整さん

このプロジェクトは2011年12月に発足、震災当時0歳だった子供がハタチを迎える2032年まで継続されます。皆様のご支援、ありがとうございました。


*1)「ハタチ基金」
被災児および被災地の子供の心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する基金として設立。東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるその日まで、子供たちへのサポート活動を継続的に行う期限付き基金です。
同基金の活動内容などの詳細についてはこちらをご参照ください

2019年5月24日 日本名門酒会本部


印刷用ページ このニュースを友達に送る