■ 日本名門酒会メニュー
 
頒布会

2005夏の清酒頒布会 酒の風土記

テーマ  内容&お申し込みのご案内  頒布酒の紹介
頒布酒の紹介
第1回 6月◆ ◆第2回 7月◆ ◆第3回 8月
佳きものがたり 想いながら
大山:藤沢周平の世界が薫る城下町の酒
天覧山:トトロが棲んでいそうな里山の酒


*都合により、商品のデザイン等が一部変更になる場合がございますので、ご了承ください。
*表記されている日本酒度、酸度は酒質設計段階のものなので、多少変更する場合がございます。


大山 不時差阿波周平の世界が薫る城下町の酒

『たそがれ清兵衛』『蝉しぐれ』ーー日本人の心を揺さぶる小説家・藤沢周平の描く世界では、ゆっくりと時間が流れる。東に月山を仰ぐ庄内平野の城下町・山形県鶴岡市。ここが彼の小説の舞台「海坂藩(うなさかはん)」である。こよなく酒を愛した藤沢周平が生まれ、豊かな感性を育んだ故郷。その一角に藤沢氏と交流のあった『大山』の蔵元がある。3種類の純米大吟醸をブレンドした特別限定酒は、気品豊かな煌びやかさを奥に秘め、凛とした味わい。

お酒DATA
大山 純米大吟醸

精米歩合40%の純米大吟醸を50%、精米歩合45%の純米大吟醸を25%、精米歩合50%の純米大吟醸を25%ブレンドした、頒布会オリジナルの特別限定酒。上品な風味と、キメ細やかな風味は別格です。
【杜氏】
杜氏 野村氏
野村一夫
(山形)
【原料米】 美山錦(長野)
はえぬき(山形)
出羽燦々(山形)
山形酒86号
【精米歩合】 50%
【使用酵母】 山形酵母・山形KA
【酒母】 速醸
【アルコール分】 15.0?15.9
【日本酒度】 +4.5?+5.5
【酸度】 1.2?1.3

精米所から月山を望む
周平生誕の集落に建つ『大山』の精米場付近から望む月山


昭和初期の蔵元を描いたイラスト
昭和初期の蔵元を描いたイラスト。


天覧山 トトロが棲んでいそうな里山の酒

東京都と埼玉県にまたがる狭山丘陵は、首都圏最大の緑地帯。住宅地に点在する田畑は、潅木の林となり、やがて深い森を経て奥秩父へと続く。人気アニメ『となりのトトロ』の舞台がこの狭山丘陵であったことは、ファンの中でも有名。まだ、さりげない自然を身近に感じるこの街に小さな酒蔵がある。それが「天覧山」の蔵元だ。米は、杜氏の出身地・岩手県から取り寄せた酒米《吟ぎんが》。洗練されたなかに、素朴な味わいが見え隠れする。

お酒DATA
天覧山 純米吟醸

杜氏の出身地・岩手県特産の酒造好適米《吟ぎんが》を100%使用。奥秩父から狭山丘陵を経て流れてくる冬の寒気と豊かな水が造り出した純米吟醸です。
【杜氏】
天覧山杜氏・藤原氏
藤原菊蔵
(南部)
【原料米】 吟ぎんが(岩手)
【精米歩合】 50%
50%
【使用酵母】 協会901号
【酒母】 速醸
【アルコール分】 15.5
【日本酒度】 +2
【酸度】 1.4


入間川と成木川の合流点に建つ蔵元
蔵元は入間川と成木川の合流点に建つ。

天覧山蔵元・五十嵐酒造
素朴なたたずまいの五十嵐酒造・蔵元の正面。


第1回 6月
大山 天覧山
第2回 7月
米鶴
 簸上正宗
第3回 8月
榮川
 澤乃井


この夏のテーマ  内容&お申し込みのご案内  ●頒布酒の紹介

◆◆2005夏 頒布会トップへ◆◆


 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る