■ 日本名門酒会メニュー
ごぜんしゅ   ないん ほわいとぼとる
御前酒
9NINE ホワイトボトル
(岡山県・真庭)

御前酒 - (株)辻本店

爽やかな香りと酸味、ボディ感ある旨味がマッチ、菩提酛仕込みのしぼりたて純米生原酒

御前酒蔵元ならでは、岡山県産の《雄町》を100%用い「菩提酛(ぼだいもと)」で仕込んだしぼりたて純米生原酒。岡山県初の女性杜氏・辻麻衣子氏を中心とした9人の若い蔵人により醸されたので、「9 NINE」と名付けられました。《雄町》のなめらかな旨味に、菩提酛ならではの爽やかな酸味でアクセントを付けた、フレッシュでクリアな香味が魅力です。御前酒にしか出せない味わいを、新春年明けにお楽しみください。
関連:新酒しぼりたて

造り 菩提?純米原酒

[分析値]
アルコール度数 17度
日本酒度 +3
酸度 1.8
アミノ酸度 1.5
使用米 雄町(岡山)
精米歩合(掛米・麹米) 65・65
酵母 きょうかい9号
------------------

[蔵元出荷日] 2021/1/6

容量 1800ml 500ml
税込価格 3,190 円 1,124 円
本体価格 2,900 円 1,022 円

[補足] 菩提酛(ぼだいもと):「菩提酛」は今の山廃酛のルーツともいわれ、南北朝〜室町時代初期頃に奈良の寺院で考案された酒造りの方法です。「菩提泉」と呼ばれて人気を博したとか。往事のそれは、炊いた米を水に漬けて自然に乳酸菌が繁殖するのを待つ、という方法。御前酒蔵元ではこれを改良した独自の方法を開発。袋に入れた麹を水に漬けて約3週間待ち、乳酸菌が繁殖した水(「そやし水」)で酒母を造ります。

'19-'20年 試飲会コメント
旨味の厚みを感じさせつつ、軽やかでキレの良い飲み心地/ワインのような酸味があり、洋食にも合わせたい

*商品の価格は東京標準の参考価格です(2019年10月1日現在)。地域、配送方法によって異なる場合があります。
*分析値は2019年10月1日現在の一部予定値ですのでご了承ください。
*商品のデザインが一部変更になる場合がありますのでご了承ください。
*お買い求めは、日本名門酒会加盟の酒販店まで。