■ 日本名門酒会メニュー
 

頒布会

2010秋の頒布会

日本名門酒会コレクション「サケコレ2010」〜12本のプレミアム純米酒を楽しむ6ヵ月〜

サケコレとは

前回もご好評いただいた日本名門酒会コレクション「サケコレ」頒布会の第2弾。「品質管理委員会」で評価の高かったお酒や、本部推薦のお酒に、昨シーズン「サケコレ2009」で皆さまの評価が高かったお酒も加えて、「いま一番美味しい」お酒を揃えました。いわば日本名門酒会が自信を持ってお届けする2010年版ベストセレクション。6ヵ月にわたり12本のプレミアム純米酒をお楽しみいただきます。

◆いま一番の美味しさを集めた日本名門酒会コレクション◆

日本名門酒会の基本的な使命は「優れた品質の日本酒をお届けすること」にあります。数多の個性的なお酒がある中で、特に評価の高いお酒をより多くの皆様に味わっていただきたいと、昨年に続き、この秋も「サケコレ」をお届けします。

お届けする純米酒は、

1)「品質管理委員会」の純米酒・純米吟醸部門で過去2年、高い評価を得た「安定して美味しい」8銘柄

2)昨年の「サケコレ09」アンケートの結果、お客様から高い評価を得た2銘柄

3)日本名門酒会本部推薦の、品質的に優れていながら、まだあまり知られていない要注目の2銘柄

以上、3つの観点から選抜した12銘柄をラインナップしました。皆が認めた、まさに「いま一番美味しい」選ばれし酒。日本名門酒会が絶対の自信をもってお届けする12本のプレミアム純米酒コレクションです。

今年10月から来年3月までの6ヶ月間、毎月2本ずつ計12本を、年に一度の「感謝価格」でお届けします。冷して、常温で、お燗で、料理にあわせて、2銘柄を飲み比べて、さまざまにお楽しみください。

品質管理委員会とは

日本名門酒会では優れた品質のお酒を皆さまにお届けするため、年に2回、流通途上にある商品の品質を「品質管理委員会」を開催し、酒質のチェックをしています。国税局鑑定官室長経験者を委員長に、蔵元、加盟店、卸問屋など、お酒のプロによって構成される委員が、約二百の主要商品を試飲し、客観的に審査。その結果は、各蔵元に評価点と評価コメントとして伝え、さらなる品質の向上・改善の参考にしていただいています。

hinkan

◆各界のデザイナーが競い合うラベル・デザイン◆

今回の「サケコレ」では、各界で活躍中のクリエイターの方々に、各月ごとのお酒のラベルをデザインしていただきました。ほとんどが日本酒のラベルのデザインは初めてという方々ばかりです。今回のデザインにあたり、日本名門酒会本部は必要最小限の要望しか出さず、クリエイターの皆様の感性に委ねました。いままでにない斬新な日本酒のデザインにご期待ください。

◆大吟醸酒が当たる! お気に入りのお酒&ラベル審査◆

今回の頒布会をお楽しみいただいた皆様に、お酒そのものの味わいと、ラベル・デザインについての審査をしていただきたいと思っています。

審査方法

頒布会の前半(1回目〜3回目)と後半(4回目〜6回目)の2回に分けて行います。期間中に2回、初回(10月)と4回目(1月)の頒布時に審査評をお届けしますので、もっともお気に召したお酒と、もっともいいと思われたデザインのラベルを、それぞれご記入いただき、日本名門酒会本部までご郵送ください。

お酒の審査について

集計の結果、最も人気の高かった2銘柄を来年の『サケコレ2011』に加えます。また、審査にご協力いただいたお客様の中から抽選で、10名様に大吟醸をプレゼントします。

ラベル・デザイン審査について

集計の結果、最も優れたデザインと評価を集めたものについては、今後の定番の酒のデザインに採用させていただきます。また、いちばん人気の高かったラベルを選ばれたお客様の中から抽選で、5名様に大吟醸をプレゼントいたします。

結果発表

お客様からいただいた審査結果は来春、この日本名門酒会公式サイト上にて発表します。

◆毎回「お酒の栞」もついてきます◆

今回も、お酒や蔵元にまつわる物語をご紹介した解説書、「お酒の栞」をお酒と一緒にお届けします。優れたお酒が生み出された背景を知れば、お酒の味わいも一段と深まるはず。


2010秋の頒布会:◆サケコレとは◆ ◆内容&お申込案内◆ ◆頒布酒紹介

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る