■ 日本名門酒会メニュー
 

超辛口純米酒

この秋のテーマ  内容&お申し込みのご案内  頒布酒の紹介

頒布酒の紹介
*都合により、商品のデザイン等が一部変更になる場合がありますので、ご了承ください。
*表記されている日本酒度、酸度は酒質設計段階のものなので、多少変更する場合がございます。
第1回 10月

春鹿 鳴門鯛
 南部流 古川武志
古川杜氏 春鹿 濃醇 純米
技術的にはむずかしいが、まろやかな米の旨みを残しつつ、のどごしがよくキレのある酒を造った。極限まで発酵できる酵母を育て管理するために蔵人とのチームワークが欠かせない。 原料米/山田錦・神力・他
精米歩合/58%
アルコール分/15.0?15.9
日本酒度+10前後 
酸度1.6
酵母/協会901号
使用酒母/速醸
但馬流 山本 隆章 
淡麗 山廃純米吟醸 鳴門鯛 山本杜氏
原料米/五百万石・
オオセト
精米歩合/58%
アルコール分/15.3
日本酒度+13
酸度1.5
酵母/協会9号
使用酒母/山廃
日本酒度+10以上の超辛口純米は、造るのがむずかしい。酒造りの基本はやはり麹が一番のキメテなので、頒布会の酒は、機械式でなく、手造りの麹を使っている。


次の月へ

この秋のテーマ  内容&お申し込みのご案内  頒布酒の紹介

◆◆2004秋 頒布会トップへ◆◆

 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る