■ 日本名門酒会メニュー
 

お酒の歳時記

2018.11

 寒おろし 2018

寒い季節に完熟の旨味

「ひやおろし」よりもさらに熟成期間を延ばし
木枯らしが吹き始める立冬から出荷される「寒おろし」。
豊かな旨味がさらに深まった
まろやかでとろりとした完熟の味わいは
まさに「ひやおろし」のスペシャル版。
立冬から立春まで、寒い季節の味覚と合わせてお楽しみください。

寒おろしとは

立冬までじっくり熟成。ひやおろしのスペシャル版

秋の楽しみ「ひやおろし」。それよりもさらに熟成期間を伸ばし、木枯らしが吹き始め、寒さが訪れ始める立冬から満を持して出荷されるお酒が「寒おろし」です。じっくり熟成したお酒は、豊かな旨味がさらに深まった完熟の味わいで、まさに「ひやおろし」のスペシャル版。「ひやおろし」と同様、2度目の火入れをしない生詰めでお届けします。

今年の旨味、最終章。とろりとした完熟の旨味

その年の旨味が凝縮されたまろやかでとろりとした完熟の味わいは、冷やはもちろん、お燗にしても美味しく、晩秋から冬にかけての味覚とも抜群の相性です。あつあつのおでんや鍋物と、お燗にした温かな「寒おろし」の組み合わせは、冷え込む夜に至福の味わいとなるでしょう。

「新酒しぼりたて」との飲み比べも楽しい

ちょうど同じ頃に出回り始める新酒生酒「しぼりたて」と飲み比べてみるのも面白いかと思います。「寒おろし」のとろりとした"完熟の旨味"と、「新酒しぼりたて」のはじけるような"フレッシュさ"。日本酒の味わいが1年間でこれほど劇的に変わるのか、とわかります。

ラインアップ

立冬11月7日に蔵元出荷されます。
*五橋のみ11月21日蔵元出荷となります。

*限定商品のため品切れする場合があります。あらかじめご了承ください。

*商品のお求めは日本名門酒会加盟の酒販店まで。

秀よし
純米酒 寒おろし

[秋田・大仙]特別純米

熟成感がありながら綺麗
お米本来の旨味がいきる

ひでよし
詳しくはこちら

浦霞
特別純米酒 寒おろし

[宮城・塩釜]特別純米

ナッツ系の芳ばしい香り
やわらかでふくらみある熟味

うらかすみ
詳しくはこちら

千代寿
特別純米酒 寒おろし

[山形・寒河江]特別純米

香り穏やか
なめらかに広がる綺麗な旨味

ちよことぶき
詳しくはこちら


大七
純米生酛 寒おろし

[福島・二本松]生酛純米

生酛の深みある味わいと
熟成の旨味が調和

だいしち
詳しくはこちら

若竹
特別純米原酒 寒おろし

[静岡・島田]特別純米原酒

落ち着いた上品な香り
凝縮したなめらかで旨味

わかたけ
詳しくはこちら

蓬莱泉
純米吟醸 寒おろし

[愛知・設楽]純米吟醸原酒

甘味と酸のバランスよし
熟成の旨味ある綺麗な味わい

ほうらいせん
詳しくはこちら


萬歳楽
特別純米酒 寒おろし

[石川・白山]特別純米

綺麗でなめらかな味わいに
極上の熟成味

まんざいらく
詳しくはこちら

七冠馬
特別純米 寒おろし

[島根・奥出雲]特別純米

果実香心地よく
なめらかで凝縮された旨味

ななかんば
詳しくはこちら

五橋
生酛純米酒 寒おろし

[山口・岩国]生酛純米

濃醇な旨味を酸が引き締める
飲みごたえ充分なガツンと系

ごきょう
詳しくはこちら


 
カテゴリに戻る | カテゴリの一覧に戻る